埋没法で二重整形をする、簡単に理想の顔になる

整形手引

最新ニュース

2014/03/20
メジャーを更新
2014/03/20
まぶたを更新
2014/07/28
頬骨についてを更新
2014/07/28
輪郭の概要を更新
2014/07/28
小顔とはを更新
2014/07/28
鼻についてを更新
2014/07/28
くまの概要を更新
2014/07/28
顎についてを更新

審美性

seikei

美容整形、美容外科学とは、人体の欠損や変形を治療し健康体へ導く医療では無く、美意識に基づく見た目の改善を目的とした医療です。
学問として成立したのは、ここ半世紀程の事です。
1955年にストックホルムで第1回国際形成外科学会と言うのが開かれましたが、これが美容整形と言う分野が学問となる事への区切りとなりました。

日本

日本で美容整形が始動したのは、1956年に形成外科の名前で発足した診療班が初めです。
これは東京大学病院の整形外科内に解説されました。
この発足から徐々に他の大学病院にも形成外科ができ始め、1958年には日本形成外科学会が誕生するのです。

しかしまだこの時には、現在のように美容整形と言う地位を認められたわけではありませんでした。
形成外科から独立し、美容外科、美容整形外科として正式に診療科目として認められるようになったのは、1958年の日本形成外科学会の誕生から10年後の事でした。

馴染む

totonoeru

今現在では、美容整形と言うのはさして珍しい物でもなくなっています。
何故ならば、テレビや雑誌等でも頻繁に取り上げられるようになり、当たり前のように整形を促進させるようなCMも流れています。
しかし、昔は今のように市民権を持っていませんでしたので、これほどオープンではありませんでした。

美容外科での施術が一般の人にも需要が高まり始めたのは、第2次大戦後からです。
その頃の日本には欧米文化が流入し、欧米人に憧れた女性が二重や高い鼻を望むようになった事が原因です。


イチ押しリンク

婦人科形成クリニックを探しているなら「婦人科形成ご案内サイト」
頬骨の整形ならこちらの美容外科がおすすめです|リッツ美容外科